Silver and Gold

BLOG

cantate 2020AW PRE ORDER START

cantate|カンタータ 2020AW PRE ORDER を 開始しご好評いただいていました。7/13(月)全ての商品ではございませんが入荷してきました!下記商品名に【予約販売】の記載がないモデルは販売スタートです。

尚、Silver and Gold 梅田 にて商品をご覧いただけます。未入荷の商品に関しましては引き続き【予約販売】を行なっています。入荷連絡なども承りますので、ご希望の方はお申し付け願います。

下記、Silver and Gold 入荷品番です。是非ご覧ください。

 

 

【 お問い合わせ先 】

Silver and Gold Umeda
Adress : 〒530-0014 大阪市北区鶴野町1-3 安田ビル103
Tell : 06-6375-8288
Mail : sg-umeda@silver-and-gold.com

 

SG ONLINE STORE
Mail : info@silver-and-gold.com

 

 

「さらに椿オイルを通すことで、ソフトな風合いを増し、最高の風合いに仕上げています。」

cantate が織りなすスタンダードかつTPOを抑える事の出来るドレスシャツ。あまりにも心地の良い着用感と、圧倒的な品を漂わせるシャツのラインナップ。ブランドには欠かす事のできないドレスシャツが昨シーズンから、フワッとリラクシングなバランスとなりリリース。高級なドレスシャツを凌駕する縫製仕様や、作り込まれた圧巻の生地。日常着でありながら、全てにおいて一線を画すハイパフォーマンスなシャツです。爽やかなカラーコンビネーションのストライプをご覧いただけます。

 

The Band Collar Shirt #Beige×White (Photo) & #Sax×White / ¥42.000yen(税抜)

 

 

 

 

「極上の肌触りを再現しているのが、cantateの吊編みの裏毛スウェットです。」

VINTAGE ディテールを踏襲した、オーセンティックなクルースウェット。定番だからこそ、街に溢れているアイテムだからこそ拘りたい。シンプルに着るだけで高揚させてくれるベーシックウェアは、トレンド・老若男女・嗜好の違いを飛び越える圧倒的な力を感じさせてくれます。生産効率を勿論の事度外視した、圧倒的な裏毛。裏毛でまとめるのも惜しい。キュルッとしていて、柔らかいのにかなりの強度を生む特殊な吊編み機による、このシリーズ。圧巻ですよ。

 

【予約販売】Fluffy Pullover / #L.Grey (Photo) & #C.Grey / ¥37.000(税抜)

 

 

 

 

「フロントが立つので首周りに奥行きと立体感が生まれ、リッチに見えます。」

スウェットシリーズのご紹介トリを飾るのはスウェットパーカー、コンプリートしたくなる。クルー同様 VINTAGE ディテールを踏襲しています。クロスネックを深く取る事で生まれる立体的なフード。フードモノはやっぱりそうじゃなきゃ。グデンと寝ると情けない。定番だからこそ着た時の印象は、詳細に現れます。派手じゃないけど、作り込みの詳細が大きくルックスを左右します。そして、普通なら抜いてしまう事もある首紐は絶対に抜けないシルクの美学が詰まった贅沢品。マフラーいらずの、スペシャルで実用性抜群の1着。

 

【予約販売】Fluffy Parka / #L.Grey & #C.Grey (Photo) / ¥39.000(税抜)

 

 

 

 

「一見無謀に感じられると思いますが、穿いてみるとポイントになってカッコいいんです。」

クルーネック同様の裏毛を用いたスウェットパンツ。生地の良さ作り込みはオンラインページから詳細をご覧ください。直肌に触れるパンツだからこそこの着用感は余計に響いてきます。脱ぎたくなくなるくらい。超リラックスウェアなのにどこか品があるルックスは作り込みの集大成。何本も入らないスウェットパンツだから cantate を選んでもらえたら、贅沢なようで正解に思えます。パジャマにもなっちゃう。そんな使い方も強い生地だから気にならないし、気持ちいいからそうなっちゃう。そして、主役級脇役シルクのドローコードが粋すぎる。

 

【予約販売】Fluffy Sweat Pants / #L.Grey (Photo) & #C.Grey / ¥30.000(税抜)

 

 

 

 

「上品ながら野趣も感じさせる不思議なスラックスに仕上がっています。」

メリノウールを用いた2タックスラックス。スーツの作り込みの素晴らしさは「ハレとケ」両面において最上級の品質を約束する cantate の、強みです。スラックスは基本スーツ販売で単品というのは提案が難しかったのですが、今回デニムを生産する工場で縫い、カジュアルダウンにもしっかりとハマる、スタイリングの立役者となる適度な抜け感で仕上げてくれました。気を張りすぎずに、品は保ってくれるこのスラックスは、スウェットやワークジャケットなどカジュアルスタイルに落とし込みたい、素晴らしい1本です。 

 

Two-tuck Trousers #Grey & #Navy (Photo) / ¥45.000(税抜)

 

 

 

 

「他のアウターを選ぶ機会を奪ってしまう罪深き一着です。」

これまでもディテールで配されていたコーデュロイをメインに用いた新・カバーオールが凄いです。この生地、感じた事ない程にしっとり柔らかで、肉感もあるので凄いもんです。安心して身も心も委ねていただける心地よさと耐久性。これまでの男らしいカバーオールの印象とは対照的で、どこか中性的であり優しい印象を感じさせます。カフスやポケットに対して、デザイナーのアプローチが光ります。さりげなくも高揚させてくれる温故知新なアプローチには毎回魅了されます。別注でブラックにすることで、どこかモダンな匂いが足せました。

※写真はネイビーですが、実際の入荷は別注で依頼したブラックとなります。

 

【予約販売】Corduroy Bellows Jacket #Black Exclusive / ¥72.000(税抜)

 

 

 

「かのウッディ・アレンか、ウェス・アンダーソンかのように、ちょっとクラシカルに穿いてみるのも良くありませんか。」

ジャケット同様のカラー別注品番。往年のヒーローをイメージして、スタイリングを組んでいただくのがまた楽しいです。それはつまり、クラシックな教科書通りの抜け感のある風合い。それを助長するコットンコーデュロイの肩の力を抜いてくれる極上の着用感。色褪せて、白けてくるコーデュロイの経年変化。膝が白っぽくなるほど穿き込んだコーデュロイは、渋くてかっこいい。松島氏のその言葉でポジティブに気負わず穿き込んでしまえるからずるいですね。

※写真はネイビーですが、実際の入荷は別注で依頼したブラックとなります。

 

Corduroy Two-tuck Trousers #Black Exclusive / ¥45.000(税抜)

 

 

 

 

「誰もチャレンジしないのでは・・・おそらく世界初となるウールボアを作りました。」

特殊な古い編み機で通常の何倍も丁寧に、時間をかけて作り込まれたウールのボアフリース。そんな、cantate らしい、ただ見るだけでは分からない。説明だけではすごい事は分かってもどれだけのものか分からない。実際に触って着た時の驚きと感動を与えてくれるアイテムです。ミリタリーディテールにこっちの方が理に叶ってない?って、突きつけられて納得してしまう、既存を覆すアプローチも最高です。構想3年を経てリリースされる、珠玉のフリース必見です。

 

Wool Fleece Blouson #Off White×Khaki / ¥85.000(税抜)

 

 

 

 

「歩くたびに裾がなびく優雅さを味わうことができるはずです。」

シルクと梳毛ウールが織りなす、まるで刺繍のような大柄千鳥格子。トラディショナルなのに、既視感を超えてくるような高い訴求性のこの生地が贅沢に膝下丈のコートで表現されます。cantate のコートは手に持つと重いけど、着ると着てないみたいに軽いんです。自分も昨年購入したアウターでは衝撃を受けました。エレガントで重厚感が漂いますが、生地は実は軽量で生地が踊るように揺れてくれます。生地の良さ・柄の良さを最大限に熟知し引き出した作り込み。贅沢の限りを尽くしたかのような生地と、それを最大限に活かした作り込みにご注目ください。因みに、ポケットの裏地は例のコーデュロイです。

 

【予約販売】Houndstooth Check Balmacaan Coat #Black×White / ¥250.000(税抜)

 

 

 

 

「ユニセックスで使えるので、彼女や奥様に奪われないように気をつけてください。」

cantate の十八番、高級カシミア100%を超える、ウールカシミア素材。カシミアの良さとウールの良さを最大限に引き立て合わせた極上の素材です。プライスダウンのためのウールMIXではありません。常識に囚われずに、特性を熟知した上で生地から作りこむ cantate の凄みを感じます。鹿の子で編みあげるため、裏表なく無造作に巻くことが許されます。巻いても纏っても良しの大判ストール。プレゼントにも最適でしょうし、奪い奪われるのもありかもしれません。

 

Moss Stitch Stole #Grey (Photo) & Beige / ¥120.000(税抜)

 

 

 

 

 

 

最後に cantate|カンタータ では定番的にリリースされている、デニムパンツも取り扱っています。既にお問い合わせの多い2モデルもオンラインストアで予約販売いたします。

 

 

「マニアをも唸らせる凝った縫製やディテールは今季も健在。」

cantate の定番アイテムデニムテーパードトラウザーズ。カリフォルニア・シエラネバタの雪解け水と肥沃な土壌で栽培された綿花、サンフォーキンコットンを使い、シャトル織機で時間と手間をかけて紡がれたデニム生地。年代物のユニオンスペシャルで仕立て、細部の職人技のディテールが光ります。スラックス顔負けのテーパードスラックス。見た目の美しさとは裏腹に、とっても動きやすい。そして、堅牢なデニム生地からは想像がつかないほどにしっとりとしていて柔らかい。魔法のような着用感です。

 

Denim Tapered Trousers #BLACK #INDIGO [20AWCA0228]

 

 

 

 

「きっと別注している Rios of Mercedes のウェスタンブーツも欲しくなってくるはずです。」

デザイナー松島氏の足元といえば?即答の Rios of Mercedes ですが、昨シーズンからついに登場したフレアジーンズ。フレアといっても好き嫌いがパキッと別れるラッパみたいなシルエットではなく、ストレートとも捉えれるような絶妙な塩梅。穿くとセミフレアくらいの印象が出るようなカッティングとなっています。「ウェスタン」というキーワードをもとに仕上げた1本。温故知新です、そしてセミフレア特有のお尻周りのキツさやポケットの使いにくさはなくって、スタイルがさらに良く見える特徴は残っています。

 

Denim Flare Trousers #INDIGO [20AWCA0229]

 

 

 

 

 

cantate|カンタータ

強く撚りをかけた糸で織られた極上の生地、 上着に入った南京玉縁、揉玉、松葉閂のディテール、 そこには手仕事でしか表現できない職人技が香ります。 日本の機屋で糸から織り上げたセルヴィッチデニムや ジーンズに付いた古いタロンのジッパーに つくり手の熱い気持ちが込められています。 昔ながらの上等な生地を探し出し、 職人的な技、古い機械で仕立てるのは cantateにとっては、それが必然だから。 cantate──目指すのは「ハレとケのワードローブ」。 日常と非日常、2つの顔を行き来できる服を思い描いています。 昔、古着屋で見つけたサヴィルロウで注文された上着。 仕立屋の名前は内ポケットの裏側のひっそりと 縫い付けられていました。 それは着ている服がどこ製のものであるか見抜かれないように。 英国紳士にとって、ブランドをひけらかすことは エチケットにも、紳士道にも反することだからです。 cantateのネームも、 しつけ糸を仮止めするように付けられています。 ネームはできれば外してから着ていただきたい。 服よりも、それを着る人が一番に輝いて欲しいと思うからです。 cantateとは、クラシック音楽の一種、 オーケストの伴奏が付いた声楽曲を意味します。 cantateを耳にすれば、 どこにいても非日常を感じ、 その音色が心を落ち着かせてくれます。 cantate同様に、 非日常を堪能できる、美意識を持った服づくり。 そして日常を意識した、 一生手放せないような普遍的な服。 そんな服をcantateはつくり続けていきます。